使い方ガイド
確定申告までの4STEP

STEP1「自動で経理」・「取引登録」を試してみましょう

1. まずは「取引登録」を試してみましょう

2. 銀行・クレジットカードをfreeeに同期すると、取引登録よりもっと早く入力できます

銀行やクレジットカードをfreeeに同期すると日付や金額が自動で入力され、さらに勘定科目も自動で推測してくれるので、圧倒的に日々の入力がラクになります。

3. 開始残高を設定する

各銀行口座の開始残高として、事業に関わる収支が発生しはじめた日の残高を設定します。開業日は、青色申告申請書を提出した日から2ヶ月前までなので注意しましょう。

POINT日々の入力をもっとラクにするには

スマホのカメラやスキャナでレシートを撮影し、freeeに取り込むと、日付や金額を読み込むことができます。また、入力したデータとレシート画像が紐づくため後から何に使ったお金なのか、確認がしやすくなります。
freeeから請求書を発行すると、発行と同じ瞬間に「売掛金」などの会計入力も自動的に行うことができます。請求書もPDF、メール送信や郵送代行など様々な送り方に対応しています。

3. 事業用に新しく銀行やカードを作成する(参考)

事業に使う銀行やクレジットカードは私生活のものと分けておくのがオススメです。私生活のカードと兼用していると余計ない収支情報を取得してしまい入力の手間が増えてしまいます。個人事業主の方向けには、住信SBIネット銀行やfreeeカードの利用がオススメです。

freeeカード(年会費無料の個人事業主向けクレジットカード)

freeeカードの概要をみる(web完結)

住信SBIネット銀行(振込手数料の安いお得なネットバンク)

口座開設ページへ

STEP2毎月の収支を入力しましょう

1. 「自動で経理」・「取引登録」で毎月の入出金を入力する

2. freeeの残高と実際の残高が合うか確認する

STEP3確定申告書を作成しましょう

難しい知識は不要です。質問に答えるだけで完成します